ECS Season 1 Finals Liquid vs G2

LG vs NiPに貫く第2戦はLiquidとG2の遊び。
Liquidはこういうレースの前にかなりのメンバー異動をしており、元CLGのjdm64、そして期間限定としてs1mpleが引き返して要る。こういうトーナメントとESL Oneでの制限仕様のメンバーだが、結果としてキツイAWPerがカップルあることとなり、かなりパンチの生じる組み立てになっている。
s1mpleは無論だが、jdm64もライフルでは少々不安があるがAWPに関しては遜色がないほどにきつく、G2にとっては厄介な相手に罹る。

G2はまだ快調。ただやはり土俵際で取りこぼすという癖は抜けきれておらず、ぶれ易い個人の出力で占領をもぎ取っているかがすばらしく押さえる内容のレースが多い。
レースはG2が少々買い得だが、選手のペースによってはこんがらがる。
単にliquidのAWPが快調ならG2が不利な状況にせっぱ詰まることもオーケーいらっしゃるので、どちらが勝っても不思議ではないだろう。ミュゼ ひげ

ドイツはイタリアが苦手でイタリアはPKが苦手だった

数か月前の親善戦いで20数年ぶりにイタリアに勝利したのでユーロでも勝てみたいと期待していたのですが、今回のインターナショナルフェスティバルでもドイツはイタリアからフルタイムでの制圧を奪うことはできませんでした。ここまでくるととってもサッカーナショナリズム7不可解の一つに数えられても素晴らしい怪症状と言うより珍症状のような気さえしてしまいます。
やっとの情熱で引き分けには持ち込めましたが、まだまだ何となく自慢なさそうな受け取りがプレーに表れていましたし、負けずに引き分けられただけでも随分うれしかったのでしょう。ですからPK戦にも心地よくは入れて勝つことができた、そんな感じに見えました。
因みにこれまでイタリアがPK戦で勝った戦いを我々は一度も見たことがないのですがPK戦になれば既にこっちのものだという空きもドイツの制圧に追い風したのではないかという気がします。しかし何もああして戦い後にPKを失敗したイタリアのザザやペッレが市民に謝らなくてもいいのではないかと思いました。
KO出来なくてスミマセンとばかりに指輪前述から会場に向かってゲンコツを組み合わせる仕草を始めるボクサーのことをつい思い出しましたが、PK失敗すると市民に謝罪しなければならないとなるとスポーツマンは全部PK嫌いになるでしょう。
ですからこれからもイタリアはPK戦で取りこぼし積み重ねるような気がして仕舞うのでした。エピレ 予約

上手なお客って、やっぱなんか妬ましい

今夜も面白く自室でウェブしています。
TVを見ながら、メモリーやインターネットブログライティングを書いています。

先刻、つい考え事をしていました。
「TVを見ながら、どこまでパソコン作業できるか」だ。
延々と思い返す自宅、こんなことも思い出しました。

私のお家のマミーはTVを見ながらパソコン作業は不向きですが、マニュアルはできます。
例えば裁縫のような作業だ。
例えばビーズ飾り中身みたいな作業も、簡単にこなします。

逆に僕は、それは不向きだ。
TVを置きた通り作業はできますが、ざっと画面を見ないことになります。
マニュアルのときは、手元に目を取り組み断ち切るとできない感じです。

これも輩により反作用が分かれます。
中には、余裕で簡単にやれる巧妙な輩もいらっしゃる。
集中しながらでも難しい作業も、TVを見ながら簡単にできる輩もいらっしゃる。
この輩って、なぞ妬ましいだ。

私の個々の中には、こういう輩もいらっしゃる。
「ながら人間じゃなくてエエやん、なんでも集中してやれや」
まさにその通りですが、巧妙な輩ってうらやましくなるんですよね。ベルタ葉酸サプリ 薬局