原発反対公約で当選した鹿児島の三反園知事の心変わり

原発反対を公約に当選した鹿児島の三反園知事がここへきて原発容認に転じたらしいのですが、これは公約違反だと言われても仕方ないので、
本人もやり切れない気持ちだとは思いますが国から相当な圧力をかけられ、こらえきれずに容認してしまったのでしょう。
しかし公約なので何とかもう少し踏ん張って欲しかったという気はします。
しかも鹿児島には活火山の桜島があるので爆発するとどうなるの的な発想にならない方がおかしいような気がしますが。
いくら原発の安全性が確認されたとはいえ簡単にハイわかりました再稼働容認します、とは言えないと思いますが。
桜島の影響が絶対に原発には及ばないというデータの裏付けがあっても、福島の例もあるし、北からミサイルが飛んでくる可能性もあったりで、
何があってもおかしくないのが原発なのですから知事さんには頑張って欲しかったのですが、
簡単に変節してしまうというところに彼の政治家としての器の小ささが垣間見れたような気がします。
ただ大体マスコミ出身の政治家は皆似たり寄ったりですから、もし選挙民が彼に不満があれば次の選挙で落とせばいいだけです。キレイモ 月額制